HD-PLC Alliance > Back Number

プレスリリース

電力線通信(PLC)のフィルター技術開発により施工現場のIoT環境を向上

ARCHIVES | RSS |
投稿日時: 17年12月08日

「HD-PLC」関連プレスリリース

2017年12月6日 株式会社竹中工務店

電力線通信(PLC)のフィルター技術開発により施工現場のIoT環境を向上
~仮設電力線から簡易に従来比6倍の通信速度を実現~

竹中工務店(社長:宮下正裕)は、電力線を通信回線として利用可能な高速電力線通信※(PLC:Power Line Communication)を活用し、建設現場の仮設電力線から簡易に安定したネットワーク環境を構築するフィルター技術(特許出願済)を開発しました。 当社作業所にて行った実証実験では、従来方法(フィルター無し)と比較して約6倍の通信速度を確認しました。これにより、施工現場へのIoT/ICT技術の導入が容易となり、生産性向上や品質向上が期待できます。

※高速電力線通信(PLC)とは、電力(交流電源)に高周波の通信用信号を加えて伝送することにより、電力線を通信ケーブルとしても利用する技術です。

近年、人手不足解消や生産性の向上を目的として施工現場のIoT化が注目されています。しかし通常、施工中の現場にIoT/ICT技術を活用可能な無線LAN環境は整備されておらず、更に高層階や地下、トンネル内等、セルラー通信の電波が届かない環境も存在します。そこで当社では施工現場の仮設電源線を利用することで、新たな通信線の配線が不要で、無線の不感場所にも活用できるPLCに注目し、施工現場のIoT化の更なる普及に向けて施工現場で安定したネットワーク環境を構築するための研究を進めてきました。


page top

Press Release

HD-PLC VIDEO

Green Ubiquitous

BPL Coexistence Certification to the public