HD-PLC Alliance > Back Number

プレスリリース

マルチホップ「HD-PLC」が台湾電力のスマートメータ通信方式に採用

ARCHIVES | RSS |
投稿日時: 18年09月25日

HD-PLCアライアンス会員 「HD-PLC」関連プレスリリース

2018年9月25日 パナソニック株式会社

パナソニックが開発したマルチホップ「HD-PLC」が台湾電力のスマートメータ通信方式に採用

IoT(Internet of Things)スマートメータなどIoT機器の通信インフラとしてグローバル展開へ

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、高速電力線通信技術「HD-PLC」(注1)を、台湾電力の次世代スマートメータで用いる通信方式の一つとして提案し、採用が決定しました。

台湾電力は、2017年6月に通信方式に関わる技術の提案募集を開始し、同年9月に台北市内で最新の無線技術や電力線通信技術の実証試験を実施しています。そして、2018年12月より、台湾の主要都市約26万世帯へスマートメータの導入を進める予定です。その中で、「HD-PLC」技術は求められていた高い性能基準を達成し、台北地域などに当該技術を搭載したスマートメータの導入が行われます。

スマートメータは、データ収集の頻度を高め、電力需給に応じた細かい制御を行うため、より安定した通信性能が求められています。「HD-PLC」技術は、これらの要求を満たすことができ、今後、世界中で導入が進むスマートメータやスマートシティ構想におけるIoT通信のインフラ整備に貢献することが期待されます。



page top

Press Release

HD-PLC VIDEO

Green Ubiquitous

BPL Coexistence Certification to the public